パートナーのためにも自宅でできる性病の検査キットを使って安心しよう

こんばんは、羽布 舛太(はぷ ますた)です。
いいハプニングを起こしていますか?

一般的に、ハプニングバー遊びは風俗遊びよりも性感染症(性病)にかかりにくいと言われています。
理由はおそらく単独男性の料金が比較的高いからだと思います。

風俗とひとくくりにすると、ピンサロや生本番アリのデリヘルのような安いうえに得体の知れない女性が多く所属しているお店も含まれるので、一気に性病に感染するリスクが高まります。

ただし性病にやられる時はやられるので、初期症状がどんなものかは知っておいて損はありません。
今回は、そんな性病について書いていこうと思います。

性感染症(性病)の種類と症状

性感染症(性病)というと、「クラミジア」や「淋病」なんかは聞いた事があるかと思います。
他にもいろんな種類の病気があるので、紹介していきます。

クラミジア症

クラミジア細菌の感染で起こる性感染症です。
ほとんどの場合セックスで感染しますが、最近は口腔内からの感染が多いようです。
つまり、フェラチオやクンニですね。
この病気の怖いところは、感染しても女性の約80%、男性の約50%が無自覚で、知らず知らずのうちに感染が進み、パートナーに感染するところです。とくに配偶者に感染すると一発でバレます(笑)
感染してから治療せずに放置しておくと、女性は不妊症や流産の原因になります。
男性では副睾丸炎や前立腺炎になるおそれがあります。

症状としては、男性は尿道の違和感や分泌物。
女性の場合、おりものが多くなったり不正出血があったりします。

淋菌感染症(淋病)

いわゆる淋病です。
淋菌の感染で起こります。
クラミジア症と同じく、セックスだけでなく口腔内感染も多いです。
1回セックスするだけで約30%と感染率は高く、同時にクラミジア症と同時感染する確率も約30%あります。
症状としては、男性は排尿時の痛み、尿道からの分泌物や粘液(膿など)で、女性はおりものが多くなったり、陰部のかゆみです。
この病気のまずいところは、女性の場合は無自覚・無症状であることが多いので、いつのまにかパートナーも感染してしまう点です。
治療しないでいると、男性は無精子症、女性は不妊症や子宮外妊娠の原因になります。

梅毒

梅毒はセックスで感染する中では、かなりマズい性病です。梅毒トレポネーマの感染で起こります。
唾液や血液に触れることで感染することもあります。
2000年以降、若い女性の感染者数が爆発的に増えているようで注意が必要です。
症状は男性はまず、感染して3ヶ月以内に口の周り・性器・手足・肛門・胸などさまざまな箇所に痛みのないバラのようなしこりが現れます。
また、ももの付け根部分のリンパ筋が腫れることもあります。
この症状は放置すると半月ぐらいで消えていきます。
そのあとにいろいろな箇所に、赤い斑点やイボができます。
これらの症状はしばらく続き、自然に消えます。
そして、感染してから3年以上たつと、様々なゴムのような腫れものが出たり、麻痺・梅毒疹などが体のいたる箇所に現れます。

カンジダ症

カンジダ症は真菌(カビの一種)のカンジダ菌が原因で起こる性病です。
この菌は「常在菌」といって本来は膣内に持っていることが多い菌ですが、膣内の菌バランスが崩れると症状が出ます。
女性に多い病気ですが包茎の男性にも症状が出ることがあります。
症状は女性に関しては陰部のかゆみ、ヒリヒリ感。ヨーグルト状のおりものが増加したりします。

トリコモナス

主に女性に多く、病原体の膣トリコモナスに感染して起こる性病がトリコモナスです。
最も多い感染部位は女性の尿道と膣です。
男性の場合は排尿によって原虫が排除されてしまう場合が多いのであまり感染しません。
症状としては男性は無症状が多く、女性は膣炎・尿道炎・セックスの時の痛み・かゆみ・おりもの増加・下腹部の痛みがあります。

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマは、ヒトパピローマウイルスに感染して起こる性病です。
症状としては性器や肛門部分にイボができ、痛みやかゆみはありません。

性器ヘルペス

単純ヘルペスウイルスに感染して起こる性病です。
もし感染しても無症状ですが、疲労時に症状が出ます。
症状は、性器や肛門に水疱ができ、それが破れると潰瘍になりかなりの痛みが発生します。

エイズ

有名な性病ですね。
エイズはHIVウイルスが血液に混入して免疫細胞を破壊する性病です。
基本的にセックスで感染しますが、輸血でも感染して世界的に大問題になったのは記憶に新しいところです。
感染から発病までに5~10年かかるので、感染源の追求が難しいのも厄介な点です。
発病するまで自覚症状は全くないので、定期的に検査をして早期発見をしないといけません。
症状は、風邪のような症状からはじまり、免疫力が低下する事による発熱だったり疲れやすくなったり、下痢や体重減少などの全身症状が出てきます。

性病に対する最大の防御は定期的な検査しかない!

不特定多数の相手とセックスをするなら、性病のリスクはどうしても避けられません。
とくに男性と違い、性器が常に湿っている女性側は、性病にかかる確率が高いかと思います。

・タイプの男性に口説かれてセックスをしたのに、相手の男性が中折れした
・クンニをしてもらう直前に変な空気になった
・手マンをされた直後に変な空気になった

このへんに心当たりがある女性は、性病に感染していると疑ってみた方がいいです。
たぶん、貴女のマンコはなにかしらの性病にかかっています。

ちなみに、マンコからワキガのニオイがするのは、いわゆる「スソワキガ」なので、性病とは関係ないので耐えられるなら、そのままセックスを続けて大丈夫です(笑)

私は、妻に性病を感染させたら一発で人生が終わるので、毎月性病の検査をしています。
以前はいちいち病院に行って検査してもらっていましたが、今はネットで性病検査キットを注文して検査しています。

これがすごく便利なんです。

パートナーがいるなら性病検査は必須!

不特定多数の相手とセックスをするなら、性病検査は必須です。
とくに特定のパートナーがいるなら絶対にやらないといけません。
ヘタをすると、別れたり離婚だったりと、人生が終わるかもしれませんよ!
私は以前は病院で性病検査をしていましたが、今は自宅で簡単検査キットを使っています。

病院での検査より安い

自宅で簡単検査キットは病院に行って検査するよりコストが安いのが最大のメリットです。
以前、私のペニスの先から粘液のようなものが出続けて不安になった時は、そんな性病自宅で簡単検査キットの存在なんて知らなかったので、病院に行ったら保険がきかないのでかなりの治療費を取られましたが、今では毎月使っています。
検査結果が郵送されたら、それだけで家庭持ちにはアウトなんですが、この検査はネット上で結果を確認できます。

遊んでいる人ほど検査をしたほうがいい

ハプニングバーの常連やナンパの達人は、異性とセックスに持ち込むテクニックに長けています。
つまり、それだけ性病に感染するリスクが高いといえます。
ハプニングバーに限らず、不特定多数の相手とセックスをする人なら性病検査キット毎月の検査は必須だと思います。
ちなみに匿名で検査できるシステムが確立されているのでおすすめです。

まとめ

ハプニングバーの中で性病が流行ると、いつも「感染源は誰だ?」と話題になります。
そこで「自分は毎月検査している」と証明できるとかなりアドバンテージを握れます。

毎日ハプニングバーにいるような常連はもちろん、たまに来て不特定多数の異性とセックスする人も、初めてハプニングバーに来てセックスを楽しんだ人も。
性病検査キットを使って検査して、他のお客さんに迷惑をかけないようにしましょう!


性病検査キットが自宅に届くとマズい人向けの記事もあります↓↓↓

ED治療薬を家族にバレずに買う方法は郵便局留めがおすすめ!
こんばんは。羽布 舛太(はぷ ますた)です。 いいハプニングを起こしていますか? 男性のハプニングバーでの悩みとして、いざという時にペニスが勃起しないというアクシデントがあります。 「ハプニングを起こしたのにアクシデントが起きる」...

コメント