上野のハプニングバーでの男祭り

こんにちは。 羽布舛太(はぷ ますた)です。
先日の土曜の昼間、家族に休日出勤だとウソをついて、上野のハプニングバーに行ってきました。
その時の事を思い出してみます。

人がいない

14時ごろお店に入ると、まさかの一番乗りです。
こんな経験はほとんどありません。

店員もヒマを持て余しているようです。

店員の趣味だという夜の公園でのパートナーとの露出プレイ武勇伝を聞いて笑っていたら、インターフォンが鳴りました。
女性客が来たらいいなと思いましたが、そんなに甘くありません。
新規の単独男性さんでした。

この新規男性、このお店どころかハプニングバー自体が初めてだというので、ヒマだという事もありいろいろと質問攻めをしてしまいました。

「どうしてハプバーに来ようと思ったんですか」
「存在自体は知っていたんですが、ネットで調べていて興味を持ってきました」
「なるほど(このサイトだったら嬉しいな)」

「普段は風俗にはよく行くんですか」
「デリヘルとソープにはよく行きます」

「ご結婚はされているんですか」
「バツ2です」
「おっと、失礼しました」
「いえいえ」

男祭り

その後も何度かインターフォンが鳴るも、来るのは全て男性客でした。

これがいわゆる「男祭り」です!

店員さんからも苦笑いでフォローが入ります。
「普段なら女性もちょくちょく来られるんですけどね~」

最終的には男性12人女性0人。
この内、新規男性は3人。
平日ではなく週末にも関わらず女性客がゼロというのは、珍しいです。

何人かの男性客と雑談をしましたが、そのうち飽きてフロアに横になって時間まで寝ていました。

もし僕がハプニングバー初入店の時に女性客がゼロだったら、そのお店には二度と行こうと思わない気がします。
僕が10年ほど前に初めて行った時は、ビギナーズラックもありすぐにセックスできましたが、それがなかったら通う事もなかったかもしれません……。

今日は極端でしたが、ハプニングバーに行くと、こういう事もよくあります。

やっぱり昼間より夜の方が女性客が多くなる傾向にあります。
男性が初めてハプニングバーに行くなら、夜の方がおすすめかもしれませんね。

逆に言えば、女性が初めて行くなら昼間がおすすめです。
ガツガツギラギラした性欲の塊みたいな男性も少ないですし、ハプニングバーの雰囲気を自分のペースで楽しめると思います。

お客さんの数が少ないと、店員の目もフロア全体に行き届くので、しつこい男性の誘いがあってもすぐに店員が飛んできてくれます。

結論としては、

男性客は昼間のハプニングバーに過度の期待は禁物。

女性客はハプニングバー初体験なら昼間がおすすめ。

そんなところでしょうか。

こんな事だったら、パチンコにでも行けばよかった。
そんな土曜の昼間事情でした。

コメント