ハプニングバーでは女性とどんな会話をすればいいのか

こんばんは。羽布 舛太(はぷ ますた)です。
初めてハプニングバーに行って、うまいことセックスまで持ち込む事ができる人は、なかなかいないのではないでしょうか。
特に男性は自分から女性にアプローチする必要がある場合が多く、よっぽどのイケメンや相手が痴女だった、などでもない限り、黙っていてもセックスできるようなラッキーハプニングはほとんどないと思います。

そこで今回は、ハプニングバーで単独男性がすべき基本的な会話を解説してみたいと思います。
もちろん、この通りにすれば必ずセックスできるというわけではありません。
あくまで「読み物」程度に考えておいた方がいいでしょう。

女性に近付いて挨拶をする

まず、女性近付いて挨拶をする必要があります。
「はあ?」と思うかもしれませんが、意外とこれができないお客さんは多いです。
女性がいるにも関わらず距離を置いてチラチラと様子を伺っているだけの男性がいますが、これでは何も起こりません。

基本的には前や横から近付いて「こんにちは(こんばんは)、○○です。よかったらお名前を教えていただけませんか?」のように声をかけるのがいいでしょう。
お互いにドリンクを持っていたら乾杯もしましょう。
背後から突然声をかけるのは相手を驚かせてしまう可能性があるのでNGです。

これを読んでいる方は恐らく「そんなの当たり前だろう」と思っているかもしれませんが、名乗らずにタメ口を聞いたり、いきなりボディタッチをするような単独男性の多い事多い事。
このサイトでは何度も書いていると思いますが、ハプニングバーは風俗ではありません。
目の前にいる女性に「この男性とならセックスしてもいいかな」と思ってもらうために、第一印象というのはとても重要です。
どうか、この時点で失敗するような単独男性にはならないようにしてください。
ここで女性にそっぽを向かれるようでは、ハプニングバーに来るのはお金をドブに捨てるようなものです。

普通に挨拶と自己紹介ができれば、よっぽどの事がない限り「ちょっとお話しませんか?」と誘っても、断られる事はないと思います。
(この段階で何人もの女性に話す事すら断られるようなら、自分の身だしなみを疑ってください。生理的に嫌悪感を抱かれている可能性があります)

女性との話題

女性と会話ができる状況になったら、ようやくスタート地点に立てたと思ってよいでしょう。
ここから重要なのは、話題です。
女性によっては話題を間違えると即ゲームオーバーになります。

してはいけない話題

まず、ハプニングバーでしない方がいい話題を挙げていきます。

政治・宗教

これは、お酒の席でする話題のタブートップ2です。
本来は「政治・宗教・野球」が、お酒の席でのタブー話題トップ3なんですが、女性が自分から好きな球団の話をしてきたら乗ってあげるのもいいでしょう。

アニメ・ゲームなどのヲタク趣味の話題

アニメやゲームの話題の盛り上がり方は瞬間風速的には最高なんですが、お互いにガチのヲタクだった場合、その話題で盛り上がりすぎて気がついたら何時間も経過してしまい、どうやってもこれからセックスするぞという雰囲気になりません。
ヲタク心理あるあるとして、相手より自分の方が知識があるんだぞとマウントしたくなる事が多いですが、ハプニングバーでは厳に慎みましょう。
「へぇ~、すごく詳しいんですね~」くらいで切り上げた方が無難です。

住んでいる場所や仕事の話題

相手の住んでいる場所や仕事を聞くのも好ましくありません。
ハプニングバーというのは、見ず知らずの人と気持ちのいいセックスができる場所です。
この状況は、決してデートをしているわけではありません。
相手がどこに住んでいようが、どんな仕事をしていようが、年収がいくらなのかなんて聞いても知っても意味がありません。
そんなくだらない事を聞くくらいなら、性癖を聞きましょう。
女性によっては、住んでいる場所を聞かれた時点で「この人、気持ち悪い……」と思われてしまうかもしれませんよ。

こういう話題がいい

では、ハプニングバーではどういう話題がいいのでしょうか。
一例を挙げていきます。

好きな異性のタイプ

好きな異性のタイプを聞くのは初球としては、とてもいいボールです。
自分とかけ離れた年代がタイプだと言われたら、暗に自分の事はそういう対象ではないという事ですし、この段階でいくら時間をかけても無駄だとわかります。
こちらとしてはとっとと見切りをつけて他の女性に行くきっかけになりますし、向こうの女性にしても、他の男性と話すチャンスが増えるので、お互いに得です。
そうです。ハプニングバーでは見切りを付ける速さも重要なんですね。

性的な話題

やはり性的な話題は外せません。
先に述べた好きな異性のタイプもそうなんですが、異性とどういったプレイがしたいかを聞き出すのは、とても重要です。

どういったプレイがしたいか、だけではありません。

こんな性癖がある。
今までにこういった変態プレイを経験した。
縛られてみたい。
鞭で叩かれてみたい。
オモチャに興味がある。

そういった願望を表に出していくといいでしょう。

相手の願望やタイプを見極める

会話は言葉のキャッチボールです。
自分だけ話していたら相手は飽きてしまいますし、相手にだけ話し続けさせるのもよくありません。
相手の話をよく聞いて、願望やタイプを見極めましょう。

経験上、30分も会話をすれば、自分が相手の女性から見て「アリ」なのか「ナシ」なのかはわかるものです。
無理だなと思った女性にいくら食い下がっても時間の無駄どころか、むしろさらに印象が悪くなります。
いけると思ったらより突っ込んだ話題をし、無理だと思ったら見切りをつけ、他の単独男性に譲ってあげましょう。
あまりしつこいと、相手の女性が常連だった場合、お店に悪評が流れてしまうかもしれません。

ひとりの女性に粘着していい事は、ひとつもありません。

風俗と違うというのは、こういう点です。

まとめ

わりとざっくりですが、ハプニングバーにまだ慣れていない単独男性向けに基本的な話題の例を挙げてみました。
当たり前の事ばかりかもしれませんが、意外とできてない人は多いです。
初心者はもちろん、不調を感じている上級者も、一度初心に帰ってみるのもいいかもしれませんね。

ハプニングバーには、お守りのつもりでバイアグラ・レビトラ・シアリスといったED治療薬を持っていこう!
こんにちは。羽布 舛太(はぷ ますた)です。 楽しいハプニングを起こしていますか? 私のように、ある程度歳がいっている男性特有の悩みとして、ハプニングバーで女性とセックスするチャンスをものにしたのに、いざとなったらペニスが勃起しない...

コメント